第六感?そんなはずはない。

いよいよ11日から小森文雄先生の水墨画と博宝堂の額縁コラボ展が始まります。
この作品は 彼岸花  
2506komori_higanbana.jpg
(今日の話題とは何の関係もありません

それと もう一つお知らせ
ホームページで動物園の写真集買えるようになりました。

こちらから

☆  ☆  ☆  ☆   ☆   ☆

先日(と言っても今年の初めころかも) ご婦人がある作家の一枚の絵を持って
ご来店になりました。
この絵を何故ご主人が生前買ったのか知りたいからと。

というのも 手がかりがキャンバスに押してあったハンコ(HAKUHOU~DOH)と電話番号
のみであったから。
奥さまによると ご主人は絵画になにも趣味がなく「絵を買う」という行為が想像がつかないと
おっしゃるのです。
この作家に会って 主人がこれを手に入れた経緯を知りたいと思うようになり
電話番号と名前からうちの住所を探して訪ねてこられたのでした。
(キャンバスに印を押す習慣があってよかった!)
しかし キャンバスを売ったけれど絵が描かれてお嫁に行った先のことまでは
普通は解りませんけどね。縁とは不思議なものです。改めて思います。

。。。話が長いし 先が見えませんがしばしお待ちを・・・。


 少し前に亡くなったご主人の遺品を整理していたら この絵が出てきたのだそうです。
先にも書いたように 絵を買うなんてこと生前 話もしたこともないし どう考えてもありえない
何かいきさつがあるなら知りたいと・・・。

 で、私 中を見せていただきました。0号サイズの小さい作品でしたが
特徴ある作品とサインから きっとあの人の作品だと思い連絡を取ってみることにして
その場はお別れしました。
 何かわかったら連絡をすると約束をしました。
幸いその作家様は 画材店の時代からの(会員登録しておられたので)知り合いでした。

個展の時にでもお伺いしてとも考えたのですが 個展は終わったばかりで(タイミングの悪いことにね)
したので 電話でやり取りをしてもらいました。先生にすればびっくりでしょうが
快く引き受けて戴きましたので直接お話を聞いてもらいました。

そして つい先日 その結果 事の顛末がわかったのでした。

さて 続く~。
なんて言うと何を想像しますか?


 
これこれ もったいぶってないで・・・。


 妻の第六感というより信頼 流石です。
 
その作品は 作家さんがゴルフコンペの景品に出されたもので
それを 亡くなったご主人が当てたものだったわけです。
なので お家にあったけれど 買ったものでも頂き物でもなかったのでした。

夫唱婦随 永年仲良く連れ添ったのでよく理解し把握されていたのですね。

COMMENT 2

ブログマスターシッポナ">

ブログマスターシッポナ  2013, 06. 04 [Tue] 01:56

Re: タイトルなし

奥さまの推論が正しかったのです。ひと安心でした(笑)。
曽根先生の作品は今頃いずこへ~ 後々物議を醸すかもですねえ(笑)。
うちに連絡の前に大丸に尋ねられるでしょう。

ここでコメントしていただけるくらいのユトリができたのですね。
貴重な時間を割いていただきありがとうございます。

> そういうオチでしたか!(笑)
> そういえば、わたしもかつて大丸美術部ボウリング大会に景品としてサムホールを出したことがありましたっけ。 もちろん裏には「HAKUHOU-DOH」印が!? 今ごろどこでどうしていることか…。 

Sone  2013, 06. 04 [Tue] 01:13

そういうオチでしたか!(笑)
そういえば、わたしもかつて大丸美術部ボウリング大会に景品としてサムホールを出したことがありましたっけ。 もちろん裏には「HAKUHOU-DOH」印が!? 今ごろどこでどうしていることか…。 

Edit | Reply |